© 2019 atelier cotoni

アトリエ コトニ 一級建築士事務所

 〒151-0053

 東京都渋谷区代々木1-6-12-302

 tel  03-6276-8254

 mail  info@ateliercotoni.com

  • Instagram

01

相談

ご要望をお聞きし、状況を確認させていただきます。

当方の方針を説明いたします。​

02

敷地調査

敷地及び周辺の状況、電気・水道・ガスなどの設備を調査させて いただきます。行政及び検査機関に事前協議をし、必要な申請手続きを確認します。​

03

企画提案

お聞きしたご要望、及び現状を踏まえ、まずはプランを提案させていただきます。これはあくまで計画を話し合うためのベースになるものです。

04

基本設計

お打合せにより、ご希望に沿う内容に擦り合わせをしていきます。

設計図やパース、模型により計画を具体化し、ご納得いただけるまで、プランを練り上げていく作業を繰り返します。​

05

実施設計

さらに工事見積に必要な程度まで、詳細を設計します。各箇所の使い勝手を確認させていただきます。

06

見積

​施工会社に工事見積を依頼します。

ご予算に合わない場合は、計画の内容を調整します。

07

確認申請

​計画が法規に沿った内容であるか、行政及び検査機関による審査を受けます。

08

工事監理

計画もご予算も確定すれば、いよいよ着工です。工事内容が計画に沿って進んでいるか、現場を確認し、施工図や家具製作図を作成して、製作の調整をします。

09

検査

工事中及び工事完了後に、行政及び検査機関による

検査を受けます。

10

引渡

取扱い説明、鍵の受渡しをさせていただき、完了となります。

 

​まずはお気軽にご相談ください。いまどのような進捗状況であるかをお聞きし、

​どのような手順をとるのがよいか、アドバイスさせていただきます。

スケジュールにおいては、どのような申請手続き(07,09)が必要かが大きく影響します。

敷地調査(02)の段階で、各行政へ事前協議をかけてリサーチします。

 

住宅・店舗の規模であれば、手続きの種類は比較的少ないですが、

ビル・マンションの規模になると、手続きの種類が複数ありますので、

事前に十分、段取りが必要になります。

増築、用途変更の場合は、まずは申請手続きが可能な建物かどうかを確認します。

建物の検査済証、設計図、構造設計図等があるかを調べます。

検査済証がなく、完了検査を受けていない建物の場合は、救済処置としてガイドラインがあり、

​現況調査をし、建物が規定の基準を満たすようであれば、申請手続きが可能な場合もあります。

それなりの作業量を伴った結果の判断になるので、どのような目的かを十分に話し合った上で、着手するかどうかを決めることになります。

改修工事の場合は、申請手続き(07,09)が必要ない場合があります。

(住宅リノベーション、古民家再生、テナント店舗など)

​用途変更が伴うかどうか、工事内容がどういうものかにもよります。

​商業施設内のテナント店舗の場合は、施設とのスケジュール調整が必要になりますので、

事前に余裕をもってご相談ください。

​助成事業の審査を受けたいケースでも、ご遠慮なく申し出てください。

 

大抵の場合は、1年~1年半くらいの長期間の取組みとなります。

​(テナント店舗や小規模改修の場合は、3ヶ月~半年くらい)

​段階を経て、一歩ずつ、着実に進めていきます。

費用については、敷地調査(02)に入る前にご説明いたします。

施工費の10%程度が標準的な目安で、規模により変わってきます。

用途と面積により個別に算出しますので、その都度お見積りいたします。

案件により内容が違ってきますので、​個別に資料を作成し、ご説明いたします。

参考:レストランのコピー.jpg