© 2019 atelier cotoni

アトリエ コトニ 一級建築士事務所

 〒151-0053

 東京都渋谷区代々木1-6-12-302

 tel  03-6276-8254

 mail  info@ateliercotoni.com

  • Instagram
 

能美の家

​the house in nomi

​築80年の和風住宅を改修。維持して活用するところと、変えて改善するところを、打合せを重ね、計画を練り上げながら検討して決めた。

外観をかつての形を蘇らせたいというお施主さまの希望により、金属板を剥がし、下見板張りに替えた。

和室の赤い左官壁や漆塗りの木造作材、黄色い源氏襖は、この地域の伝統的なしつらい。そのまま同じ形で補修した。

玄関の位置を変え、それに伴い、格天井、しぼり丸太、式台、造作材も移設再利用した。取り壊した付書院の欄間障子を、壁飾りにしている。

風除室は、北陸の和の家には必須、冬の冷たい風や雪が吹き込むのを防ぐ。
既存廊下を途中で間仕切るのに、ガラスと格子をつかい、廊下が奥へ続いていることを見える状態にとどめている。

二重垂木の化粧天井を引き立たせるため、既存のペンダント照明を取り外してすっきり見せ、さらに間接照明で照らした。

かつての広々とした玄関スペースはダイニングキッチンと食品庫に割り当てた。

既存の縁側の床板を加工して、キッチンの前板にした。​急な階段は、床の間を吸収して距離をかせぎ、勾配を緩やかにした。

グラデーション染色の麻の和紙は、県内の和紙工房に依頼。赤い左官壁と漆塗りに馴染む色にしている。

和室は​収納が少ないので、収納スペースを充実させた。

木造2階建て 伝統構法+在来工法 ・ 延床面積 443.04㎡ 工事延床面積 335.60㎡

能美の家

​the house in nomi

 

美川の家

​the house in mikawa

和風住宅のLDKと洗面・浴室を主に改修。無垢の木を使った建具やキッチンカウンターは、

お施主さまのこだわりで、自然の木の表情が空間を彩ります。

居間から中庭が見える窓は、床の間風の大きな窓にして、中庭を広々と、また飾られた景色のように見せた。

居間の別面の壁にも、新たに窓をとり、建物に囲まれている中庭の風の抜けを良くしている。

ダイニングと居間の間に廊下があったが、ダイニングに取り込み、居間とは籐の建具で仕切り、

それぞれの部屋から家族の気配が感じられるようにした。​和のしつらえに馴染むように、収納戸を和紙貼りにした。

木造2階建て 在来工法 延床面積 498.18㎡ 工事延床面積  69.58㎡​

橋場の家

​the house in hashiba

明治期に建てられた金澤町家を再生。​町家らしさを保ちながら、現代の生活に合せることを意識している。

木製格子オーバースライドパネルにより、ガレージハウス仕様を可能にした。

天窓や床スノコや木製格子戸を設け、暗く閉鎖的になりがちな内部空間に光と風を取り込んだ。

玄関では、来客にお茶をたてられるよう、オリジナルの炉台を置いている。

浴室や便所の間取りは、町家の細長い空間に合せて有効にレイアウトした。

既存の建具、ガラス、木材を、割り振ってそこかしこに再利用している。

内部の漆喰塗り、柿渋塗装、製作金物は、お施主さま自ら施工。​

木造2階建て 伝統構法 ・ 延床面積 171.31㎡ 工事延床面積 171.31㎡​

​金澤町家再生活用事業の認定取得

優良金澤町家認定取得

第29回界隈景観賞受賞(老舗・文学・ロマンを考える会)

 

羽咋の家 - the house in hakui

​柔らかくて温かい雰囲気で、シンプルな空間がいいと、お施主さまのオーダーでした。冬場を温かく過ごせるように、掘りごたつの部屋がほしいというのもこだわりです。高気密住宅のため、吹抜けのリビングは床暖房を使用しなくても温かさを保てます。バルコニーは、夜空を眺めてくつろぐスペース。ご先祖さまからいただいた土地を大事にしたいという思いで、そもそもあった家を建て直して、ひととおり新しくしました。周りは黒瓦の木造住宅が建ち並ぶ雰囲気の良い町並みで、周りにあわせて外観はシックにしました。             

others

​※主に㈱キクスイに在籍中の実績です。